音声をテキストに変換するアプリ「Speechy」でブログ記事の作成を効率化する

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

ブログを新しく始められた方からよく聞く悩みのひとつに「文章が上手く書けない」というものがあります。

ブログを書き始めた方のほとんどが最初に通る道で、ここを乗り越えないとブログを運営することはできません。

こればっかりはとにかく毎日記事を書いて慣れていくしか方法はないのですが、文章を書くという工程を少しでも楽にする方法があります。

それは文章を書くのではなく自分が話した内容を音声入力で書き起こすという方法です。

最近は音声を自動で書き起こしてくれるアプリがあるので、そういったツールを使うことでブログ記事の作成を楽にできるようになります。

人によって書く方が得意という方がいるので一概にこの方法が正解とは言えませんが、話すのが好きで得意な方にはおすすめです。

今回は音声入力をするときに使えるおすすめのスマホアプリをご紹介します。

音声をテキストに変換する – Speechy

音声書き起こしアプリは検索するとたくさん出てきますが、私がおすすめしているのは「Speechy」という音声をテキストに変換するアプリです。

※アプリはiOS版のみ対応となっています。

アプリを起動して話しかけるだけで音声を自動でテキストに変換してくれます。

こういった音声のテキスト変換のアプリは、音声認識の精度が悪いと使い物にならないのですが、このアプリは音声認識の非常に精度が高いため、ストレスなく利用することができます。

Speechyの使い方

アプリをダウンロードしたら実際に使ってみましょう。

音声をテキストに変換する

アプリを利用するには、音声認識の権限を有効にする必要がありますので「はい」を選択します。

設定画面が開きますので、音声認識を有効にします。

操作画面はこのようになっています。

画面中央下にマイクのアイコンがあるので、このアイコンをタップすると音声認識が開始されます。

マイクへのアクセスについての確認画面が出てくるので「OK」をタップ。

画面が赤くなったら音声入力をすることができるので、スマホのマイクに話しかけます。

話かけるとこのようにテキストに変換されます。

変換されるまでの時間もかなり早いです。

早口で話すと音声認識が変になることもありますが、ゆっくり話せばかなり高い精度でテキストに変換してくれます。

句読点や改行を入れ方

また、句読点や改行を入れたい場合は、

  • 点(てん)
  • 丸(まる)
  • 改行(かいぎょう)

と話かけることで入力することができます。

2回改行したい場合は2回改行と話しかければOKです。

あとでパソコンで編集する場合は、句読点まで入れておく必要はありませんが、スマホで書いてしまいたい方は覚えておくと便利です。

テキストの編集・シェアのやり方

音声を入力し終わったら画面中央下の四角アイコンをタップします。

入力した文章は、文章表現や漢字などでおかしい部分があったらその場で修正することもできます。

テキストをコピペしたり編集する場合は、テキストの部分をタップします。

右下にあるアイコンをタップすると、iPhoneのシェアエクステンションが使えるので、ツイッターにシェアしたり、メモ帳に保存したりすることができますよ。

まとめ

使ってみて驚きましたが、かなり高い精度で音声を認識してテキストに変換してくれます。

ブログ記事にする場合は、見出しを付けたり、画像を入れたりする必要があるので、最後のひと手間は必要ですが、文章を書くという工程を楽にすることができます。

私は話すより書く方が得意なのでこのやり方はしていませんが、文章を書くのが苦手だけど、話すのは得意な方にはかなりおすすめの方法なので、ぜひ試してみてください。