企業や団体のWeb活用の第一歩は、「情報の受け皿」を作ること

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

これまでFacebookページやソーシャルメディアで情報発信をしてきたけれど、これからもっとWebを活用して活動の幅を広げていきたい。

でも、具体的に何から始めたら良いのかわからない。

何かやらないとダメだとはわかっているけど、具体的に何から手を付けて良いのかわからないし、普段の業務で忙しくて、結局手付かずになってしまう。

企業や団体のWeb活用について相談に乗っていると、よくいただく相談なのですが、こういった相談を受けたときにおすすめしている取り組みがあります。

それは、情報の受け皿を作るということです。

今回は、これからWebを活用していきたい企業や団体の方に、情報の受け皿を作る取り組みについてご紹介したいと思います。

情報の受け皿を作ること、それは、過去の活動を資産にすること

情報の受け皿を作るということは、これまで行ってきた活動をWebに残る形で記録することです。

情報をインターネットのどこかにまとめて記録しておくことで、後からいつでもアクセスすることができるようになり、時間が経過しても価値が失われにくくなります。

つまりこれが、過去の活動を資産にすることです。

例えば、ブログを作ってそこに実績を載せておくことがこれに当たります。

TwitterやFacebookなど、ソーシャルメディアを活用している企業は多いのですが、TwitterやFacebookは情報が流動的で古い情報がどんどん流れていってしまうんですよね。

どれだけ実績があっても、情報が流動的だと後から参照しづらいので、それ単体では資産になりにくい。

ブログは情報を蓄積すればするほど、大きな資産になっていくので、これからWeb活用をしていきたいと相談されたときには、まずは情報の受け皿を作って活動を蓄積できる場をつくりましょうと提案しています。

情報発信をする前に知っておきたい「ストック情報」と「フロー情報」

TwitterやFacebookは情報が流動的、ブログは情報が蓄積できると書きましたが、情報には大きく分けて2種類あります。

ひとつは「フロー情報」、もうひとつは、「ストック情報」です。

ストック情報とは、時間が経過によってインターネットに蓄積されていく情報のことで、ブログなどがこれに当たります。

フロー情報とは、時間の経過によってインターネットを流れて行く情報のことで、FacebookやTwitterなどでの発信はこれに当たります。

ストック情報を情報の種とするならば、フロー情報は種を育てる水のようなものです。

種を植えて水を上げて時間をかけて植物を育てていくというのが、情報発信のイメージとしてわかりやすいかなと思います。

図にするとこんなイメージですね。

当然、種がないと植物は育たないですし、水が少ないと栄養が足りずに途中で枯れてしまいます。

つまり、Webでの情報発信で成果に結びつけていくためには、ストック情報とフロー情報の両方をバランス良く取り入れて、根気強く継続していくことが大事なんですよね。

植物を育てるのに時間がかかるように、Webでの情報発信も時間をかけて地道に行っていかなければなりません。

情報の受け皿を用意して種を作り、ソーシャルメディアで育てていく

情報発信が上手くいってない企業や団体の多くは、大抵の場合、片方しか取り組んでいなかったり、両方取り組んではいるけど、やり方を間違えているというケースのどちらかです。

僕が相談に乗っている限りでは、前者の方が多いですね。

最近では、無料で使えるブログサービスはたくさんありますし、お金をかけなくても手軽にWebサイトを作れるサービスもたくさんありますから、そういったサービスを活用すると、手間とお金を最小限に抑えることができます。

前にこんな記事を書いたので、良かったら参考にしてみてください。

まとめ

インターネットを使うのが当たり前になり、誰もが気軽に情報発信をできる世の中になった反面、活用できるツールやサービスが多すぎて、何から始めたら良いのか悩んでいる方は多いのだなと最近よく感じています。

Gorian91では、「これからWebを活用したいけど、どこから手をつけて良いかわからない…」という企業や団体さんのサポートを行っていますので、お悩みの方はお気軽にご相談いただけると嬉しいです。

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー 自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

ABOUTこの記事をかいた人

gorian91

希少難病ブロガー 自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。